函館弁護士会所属 堀田法律事務所

受付時間

  • 平日:9:00〜17:00
  • 土曜日:第1・3・5の午前中
費用概算
当事務所に事件処理をご依頼いただく場合には、着手金・報酬・実費などの費用を頂戴します。着手金は請求額を、報酬金は得られた金額(金銭等請求事件の場合)を基礎として下記の表を目安として計算します。下記の費用を目安とすることが相当でない場合には、個別の見積・契約により費用を増減することがあります。
個別の事件の具体的な費用につきましては、弁護士から説明いたしますので、ご相談の際にお問い合わせください。
  着手金 報酬金
300万円以下の場合 請求額の8%(消費税別途) 経済的利益の16%(消費税別途)
300万円を超え3000万円以下の場合 請求額の5%+90,000円(消費税別途) 経済的利益の10%+180,000円(消費税別途)
3000万円を超え3億円以下の場合 請求額の3%+690,000円(消費税別途) 経済的利益の6%+1,380,000円(消費税別途)
3億円以上の場合 請求額の2%+3,690,000円(消費税別途) 経済的利益の4%+7,380,000円(消費税別途)

※着手金については上記にかかわらず、100,000円(消費税別途)を最低額の目安としております。

着手金

300万円以下の場合 請求額の8%(消費税別途)
300万円を超え3000万円以下の場合 請求額の5%+90,000円(消費税別途)
3000万円を超え3億円以下の場合 請求額の3%+690,000円(消費税別途)
3億円以上の場合 請求額の2%+3,690,000円(消費税別途)

※着手金については上記にかかわらず、100,000円(消費税別途)を最低額の目安としております。

報酬金

300万円以下の場合 経済的利益の16%(消費税別途)
300万円を超え3000万円以下の場合 経済的利益の10%+180,000円(消費税別途)
3000万円を超え3億円以下の場合 経済的利益の6%+1,380,000円(消費税別途)
3億円以上の場合 経済的利益の4%+7,380,000円(消費税別途)